サポート

Good: 208-10-16 02:06 PDT - 2018-10-19 15:00 PDT, users of the OneDrive for Business connector were unable to select subfolders while authoring a flow. Instead, the connector reported "No Items." Engineers have deployed a fix to resolve this issue.

最終更新日時: 2018/10/19 21:57:07 (UTC)

サポート情報の検索

主要な問題

  • フローが失敗した場合の修正方法
    • 最初にエラーを特定する必要があります。まず、Web ポータルの上部にある通知アイコンに移動するか、モバイル アプリの [アクティビティ] タブを選択します。そこにフローが表示されるので、選択できます。
    • 現在、フローの詳細が表示されています。赤い感嘆符が付いているステップを見つけると、そこにフローのエラー メッセージが表示されています。
    • エラー メッセージによっては、フローを "編集" して修正することができます。 一般的なフローのエラーを修正する方法の詳細を確認してください。
  • 高度な条件 (数式) を使用する方法
    • 説明: 条件の追加。
    • 複数のケースをフローの内部に含める場合は、既存の条件の内部から [条件の追加] を選択するだけです。
    • 高度な式を作成する場合は、次を参照できます: ロジック アプリの関数。
  • Office 365 でのライセンスのしくみ

Microsoft Power プラットフォームに触れる

Microsoft Flow の自動化と、PowerApps と Power BI による分析を組み合わせることで、洗練されたビジネス ソリューションを作成します。

PowerApps

簡単にデータに接続して、Excel 風の式でロジックを追加したり、Web、iOS、Android デバイスで実行したりできるアプリを、数時間で (数か月ではありません) 作成します

Power BI

多数のソースのデータを統合し、アクションにつながる分析情報を示して業績を押し上げる、対話型かつ没入型のダッシュボードとレポートを作成します。

Microsoft Flow

コード不要のアプローチで、強力なワークフロー自動化を直接アプリに組み込み、人気のある多数のアプリやサービスに接続します。